スポンサードリンク

ハニカミ王子は気配り王子!?

ハニカミ王子は気配り王子だった!?

関東アマに出場しているハニカミ王子こと石川遼。

6/5の2日目には初日の約2倍の3800人のギャラリーが押し寄せ、ほぼ全員ハニカミ王子の組につきました。

前日はマナーの悪いファンがプレー中にもかかわらずカメラ撮影をしたりフェアウェーを歩いたりとやりたい放題でしたが、2日目もマナー違反者が続出。

ハニカミ王子自身も大変でしたでしょうが、ハニカミ王子と同組のアマチュアも大変でした。

ハニカミ王子と初日一緒にまわったのは、伊藤勝也(34)、広田文雄(43)、溝端隆一(45)の3選手で、予想通り彼らのスコアはメタメタ。

溝端隆一は「こんなギャラリーはもちろん初めて。地に足がつかなかった」と12オーバーの大崩れで、禁止されている携帯カメラの使用で集中をそがれた上に「じゃまだ」と言われたというからたまったものじゃなかったでしょう。

一般の社会人が平日4日間試合に出るということは相当ゴルフにかけた生活を送っているはずで、本大会に出場する意気込みは生半可なものではなかったでしょう。

今回の事は不運としかいいようがありませんが、良い経験になったと思います。

ハニカミ王子もそんな彼らを気配る場面も見られ自らマナーの悪いギャラリーに「静かにしてください」と注意していたとか。

広田文雄が、石川遼の礼儀正しさに感心し「息子につめのあかをせんじて飲ませたい」とコメントしていたが、ハニカミ王子ならぬ気配り王子は2日目12番ホールでダブルボギーを叩くなど本調子ではないながら、トータル3オーバー8位タイと無難にまとめたようだ。

3日目以降も健闘を祈る。がんばれハニカミ王子!

スポンサードリンク