スポンサードリンク

ハニカミ王子が千葉CC梅郷コースの関東アマ選手権に出場

ハニカミ王子こと石川遼が千葉CC(千葉カントリークラブ)梅郷コースで行われる関東アマ選手権に6/4から出場した。

15歳8ヶ月の史上最年少で国内ゴルフツアーを制し一躍時の人となったハニカミ王子。

5月のプロゴルフツアー、マンシングウェアカップで最年少優勝して以来の試合出場とあって、大会は異例の措置が取られた。

関東アマでは例のないコースと歩行路を区分けするロープが張られたほか、大勢のギャラリー来場を予想し、5000台の臨時駐車場、東武線野田市駅とコースを結ぶ送迎バスを3台用意し約15分おきに運行、練習場脇には弁当や飲み物を提供するテントやギャラリープラザも設置され、プロツアー並みの対応となった。

関東アマ初日の6/4(月)はギャラリー約1900人。

報道陣も75社で約200人がハニカミ王子を取り囲んだ。

ハニカミ王子の初日の結果だが、3バーディー、4ボギーの1オーバー、73で9位となった。

16番ホールではチップインバーディーも決めギャラリーを沸かせたハニカミ王子。

69で回った豊島豊(東千葉)が2位に3打差をつけ首位に立った。

ハニカミ王子はギャラリーの数に驚きながら「声をかけられて、有名人になってしまったんだと自覚した」と照れ笑いした。

大会は4日間の日程で、65位タイまでが第3ラウンド以降へ進み、上位29選手が日本アマチュア選手権(7月・愛知CC)の出場権を獲得する。

スポンサードリンク